公開日付: 05.03.2015

ウラジオストクは自由港法案が論じました。

沿海地方では、地方法案議会でロシア連邦極東開発省が開発した「ウラジオストク自由港について」法案を発表したセミナーを開催しました。

文書は、大臣顧問のパベルボルコフ氏が発表しました。以前その法案は、パブリックコメントのために、法案の準備に関する情報開示の統一のポータルに掲載されていました。

2014年12月4日に、プーチン大統領が連邦議会に関税免除のウラジオストク自由港のことを提案しました。その担当者はロシア連邦極東開発省になりました。法律上、「自由港」という用語は固定されていないため、適切な規制の枠組みを作成することになりました。「実際には、ウラジオストクで自由港は優先社会経済発展領土などの機関のアイデアの続きになります。」とアレクサンダーガルシカ氏は以前に述べました。

パベルボルコフ氏はロシア連邦極東開発省が、自由港の立法定義、および連邦税法改正に関する3法案を準備していることを指摘しました。

10日以内に、専門家、地域行政と立法議会は法案の提案やコメントをします。