極東の開発戦略とプログラム

ロシア極東連邦管区は、現在に、経済的に活発している中心地になる可能性非常に高いです。 その地方の開発における、連邦レベルでのいくつかの政策文書にで規制されています。 極東の輸送とエネルギーインフラの改善としては、鉱工業などの産業の昇進させる重要な要因です。 それに関して、政府のプログラムの方針はまずには輸送、エネルギーの開発に方向しています。

アジア太平洋地域の国の経済成長と西から東へのロシア国家政策を転換したことのおかげで、極東連邦の開発はますますに進歩しています。マクロ地域のの開発を促進させる基本的な文書としては、2009ねんに発行され、2025年の期間を目指す『極東とバイカル地域の社会経済発展の戦略』という行為で規制されています。戦略を実施するための主要なツールとしは、「2018年を目指して極東とバイカル地域の社会経済発展」という連邦目標ログラムです。論文には、マクロ地域にたいして輸送とエネルギーインフラの改善のことが書かれ、それは輸出に方向して、資源と非資源経済の部門の昇進としていい根拠になります。

バイカル・アムール鉄道とトランスシベリア鉄道という建設プログラムが実施されているうちに、第二と第三鉄道の400キロメートルを建設する予定で、30件の駅にの再建、技術的間仕事によって、2020年まで商品の貨物を増やすことができます。

バイカル・アムール鉄道とトランスシベリア鉄道の再建計画

プログラムの実施による地域と地方に重要な道路の長さの増加五年間の期間で180キロ以上となります。

発展している輸送インフラのおかげで、商品やサービスの自由な移動ができるように、という極東の統一の社会経済ゾーンを作ります。地方に対して輸送アクセスの増加と主要鉄道線と港湾を改善することとともに地域以内にタイムリー恒久的な商品の流通を保証し、現地生産の商品出荷のための市場を拡大し、交通と物流コストを削減するようにします

エネルギーの分野で主な課題としては、発電の開発であり、電気ネットワークの容量を増加させること、中央電源供給ゾーンの拡大とローカル電源としてディーゼル発電所(DES)を使用する離れた地区の含み、電気の生産での燃料費を削減するという主要なタスクです。

マクロ領域のエネルギー部門にたいして安定化と安全保証を高めるために、新しい発電措置を作るときも設備の再構築するときも、環境に優しい技術と再生可能の電源を適用することをしました。

新しい送電線の建設は極東とバイカル地方エネルギーの構成を改善し、その安定性と効率を向上します。

極東のエネルギー産業はロシアの統一のエネルギーシステムに統合して、分離および極東の電力産業の分散化を減らし、工場の恒久的の生産に必要な電気供給に対しての安定性をのマクロ領域で向上します。新規および既存の発電能力の導入は、ユニークな交通機関や地理的潜在的なDFOその領土、新たな企業の接続で鉱床を開発の実現のために必要な条件を作成します。

新しい発電所を作り、および現在に有効の発電所の改善は、地方のユニークな交通や地理的なポテンシャルを提供し、地域での鉱床を開発し、新たな企業を電気に接続することができるよにします。

そのほかDESの減少して、DES電力線に変えて、DESのための高価な燃料の購入のコストを削減し、したがって電気コストも減らして、すべての生産企業のコストも削減することができます。極東連邦管区の地理的な位置の利点応じて、東のパワーリザーブ容量について考えてみると、中国、モンゴル、朝鮮半島と日本の国への電力輸出するために良い可能性をが与えられます。

極東の輸送とエネルギーインフラの発展に加えて、政府は同時に鉱業(化石燃料の抽出、宝石や金属)と製造、(冶金、エンジニアリング、ハイテク製品の生産)というマクロ領域での産業を支援しています。

社会経済開発の問題は地方地区分のレベルに対して多くの地方で行っている対策上で認められます。

極東連邦区での地方区分で実施する戦略に対する納期

地域

戦略の実施の納期

アムル州

2018年まで

ユダヤ人自治区

2025年まで

カムチャツカ地方

2020年まで

マガダン州

2025年まで

沿海地方

2018年まで

サハ共和国(ヤクート)

2016年まで

ハバロフスク地方

2020年まで

地域での投資戦略の上で、地域でビジネスをするためにいい条件を作る対策を行うようにします:

  • 輸送と物流インフラの開発、
  • 建設に対する行政障壁の減少 。
  • 展示会、フェア、フォーラムなどの開始。
  • 経済産業のハイテクと知識ベース企業の発展。
の一般的な規定のほかに、地域の地理的と気候的および社会経済的の特性に基づいて、地方区分のそれぞれの規定があります。