極東の開発組織

極東の組織は、マクロ地域と地域の組織を含めています。 そのタスクのなかでは、有望のプロジェクトの開発、投資家の支援、マクロ領域および各地域の投資に魅力の地域で振興させることです。

マクロ地域でのレベルで(すなわち、全体の極東連邦地区で)「極東とバイカル地域の開発基金」と極東開発省が活動をやっています。

極東開発組織の機能

2011年11月に大統領と政府の議長の指示で創った «極東とバイカル地域の開発基金»株式会社は新たな企業とインフラのプロジェクトに投資します。基金の株主は対外経済銀行になっています。基金は大きな効果のあるプロジェクトに対策を行っています。その基金のタスクのなかで非つぉつのは投資家として経験を持っている専門家を参加させること。基金のための優先産業としては交通や電源産業、農業、生物工業産業、観光地とレクリエーションエリア、天然資源の開発です。そのほか、基金は先頭開発地域によるプロジェクトを支援します。ポルトフォリオの構造に木材加工、化学と学、石油化学産業が入っています。

2013年11月1日、クレジットポルトフォリオの構造, %

プロジェクトの合計額が23以上の億ルーブルよ「極東のとバイカル地域の開発基金」プロジェクトの合計値が23以上の億ルーブルの総合の検討によって「極東の開発基金とバイカル地域」に承認しました。2015年5月に 空港ターミナルの建設に関する『ハバロフスク空港』株式会社と『極とバイカル地域の開発基金』という契約を結びました。プロジェクトの上で国際と産業のパートナを参加してもらう予定があります。

2015年3月に基金は『ルビコン』、中国とロシアの国境にアムル川渡っている『ニジネレニンスコイェーー同江市』鉄道橋を建設しているという有限会社の100%株を買う『ペトロパブロスク非鉄冶金』工業所とインテントレターを締結しました。

ロシア連邦極東開発省は、

その省は政府のプログラムおよび連邦目標プログラムの実施を管理します。 また、省は優先投資プロジェクトの選別をします。 そのタスクの中では、良好な投資環境、中小企業の発展、マクロ領域の開発のための法律の規定を作成し、国内外の投資を誘致することです。

『投資誘致と輸出支援団体』非営利団体と『人的資本の開発団体』非営利団体の設立が考えられています。一番目の団体は地域の推進と投資家とのやり取りに取り組む予定です。その団体のタスクとしてはビジネス環境における極東に肯定的なイメージの作製す。 団体の投資家との仕事をやっている時に一つの窓口という理念に基づきます。また、その業務として投資にいい環境のあるマクロ地域に対しての情報を発信して、ほかの組織で行う同じようなイベントに参加することです。

極東の促進はマスコミによっても行います。

『人的資本の開発団体』非営利団体は極東の促進発展地域でスタッフを募集し、ほかの地域の専門家の引越しを保証します。その団体のタスクにも極東の積極的なイメージが入っています。

1990年に設立した『極東とバイカル地方』ロシア連邦地方地区の経済連携委員会は連邦行政と国際組織と国際組織と国際代理と連携をします。委員会は、起こった問題の解決をして、国家プログラムと実施を行っています。国際と地域フォル、コンフェレンス、セミナ、展示会を開始と参加して、極東地域を昇進させます。委員会に経済協議会、対外経済協議会、工業、科学、イノベーション技術、交通とインフラ、アグリビジネス、社会政策、観光、アムール川流域の開発に関する協議会が会員しています:

  • 地域開発団体とは、ロシア連邦地方地区に対して投資誘致と投資家サポートをとする組織は呼ばれています:
  • 「サハ共和国(ヤクート)の投資振興公社」。
  • 「カムチャツカ地域の開発公社」株式会社
  • 「沿海地域への投資誘致』非営利団体
  • 『ハバロフスク地方の投資開発」非営利団体
  • 「サハリンのプロジェクト開発」
  • 『優先投資プロジェクトと投資環境改善』アムル州政府に属する委員会
  • 『営業開発支援』マガダン地域財団
  • ユダヤ人自治区の投資ファンド
  • ユダヤ人自治区の投資協議会

市域の特別な組織は有望なプロジェクトを選別してサポートをし、投資家に相談支援を提供し、プロジェクトの管理としては一つの窓口という理念に基づいています。また、その役割のなかでビジネスイベントに参加し、マスコミに情報を発信しながら極東の魅力的なイメージを作ることです。専門的な組織のほかにプロジェクトの管理は(事例:アムル州)経済開発省も行うことができます

『極東開発基金とバイカル地方開発』基金と極東連邦管区に入っている地方地区の政府の間で締結された協力契約上、プロジェクトの実施における作業グルプの造り、地域の投資サイトの促進(TOP含み)、太平洋地域の国のビジネス訪問にサポートをすることです。

開発団体の活動の結果:

2014年後半に『ハバロフスク地方の投資開発』団体は一つの窓口ことを考えて9のプロジェクトをサポートして、12のプロジェクトに情報アドバイスのサポートをしました。そのプロジェクトの投資の総額は176億ルーブルに達し、201年代まで国の予算に税金としての支払いは 17億るブール予想され、創るジョブの数は1871となりま。

投資サイトのデータベースが作成されました。

2024年に『営業の開発と支援マガダン地域ファンド』非営利団体は23の組織にアドバイスサポートを与えました。ファンドは補助金、助成金、保証にたいして64枚の契約 を結びました。2014年に提供された補助金、助成金の総額は42 92万 ルーブルでした。ファンドは『マガダンスキー』農業パークの管理を承認されました。農業パークの字以前コンセプトも開発されました。

2011年から 『サハリンプロジェクト開発』国立団体は12プロジェクトの提案を開発して、そのうちの 5の提案は «サハリン州に優先提案»というステータスをつけられ, あと4提案もサポート対策を与えられるように検討されています。プロジェクトの総額は200億るブルで、その中の民間資金の総額は 140 億ルーブルです。お予想に2000人に仕事を提供します。税金の総額は150億ルーブルになります。2013年に『サハ共和国(ヤクート)の投資開発』国立団体は一つのは都市でのレベルも一つのは共和国にレベルという2つの投資プロジェクトに融資を与えられるようにしました。