先行発展区

先行社会経済発展区は、快適な生活・ビジネス環境の構築を目指し、極東連邦管区において創設されます。同地域においては、採決済み法令に従い、起業活動を促進する法的体制が適用され、その入居者はいくつかの税制優遇装置を利用できます。また、外国人労働者誘致・インフラへの接続・国家管理に関する特別条件も適用されます

先行発展区とは?

先行社会経済発展区(先行発展区)は、事実上地域的特徴を考慮する成功的事業立ち上げ及び競争力を有する製品生産に最適な環境を構築する新しいかつ改良された加速的発展区の形態です。

同区の存続期間は70年ですが、ロシア連邦政府の判断による延長も可能です。平成30年までは先行社会経済発展区の創設可能な地域はロシア極東及びいくつかの企業城下町に限られます。

創設に係る課題及び先行発展区の事業管理は、平成26年12月29日に採決され、平成27年3月30日に発効した連邦法「ロシア連邦における先行社会経済発展区について」が適用されます。

先行発展区の入居者になれるのは?

先行発展区の入居者になれるのはいくつかの要件を満ちる同区に登録される組織です。

入居者地位の取得不可なのは銀行、保険業者、年金基金、専門性を持つ証券市場プレーヤー、代行会社です。

先行発展区の特長は?

  • 投資家利益への重点

先行発展区の特別地位は起業等活動関連コストを大幅に削減するいくつかの既存法的慣行の適用を前提とします。平成17年に導入された経済特区に比べても、先行社会経済発展区はいくつかの特長を有します。

先行発展区は、経済特区と違い、事前に分野ごとに定められたタイプに分けられないため、需要・競争力の最高な製品の生産展開を可能にします。先行発展区選考規則は最大限の柔軟性を有しており、特定の地域を先行発展区にする主要基準は投資家需要です。全てのインフラ及び法的管理メカニズムの整備はアンカー投資家の請求及び利益を考慮します。

  • 税負担軽減

先行発展区の入居者は財産税・土地税が免税される他、法人税が減税され、(年金基金・社会保障基金・連邦義務健康保険基金への)保険料も最小限に抑えられています。


先行発展区・経済特区・その他のロシア連邦企業向けの税率・保険料

税の名称

先行発展区

経済特区

ロシア連邦

収益税

5% à 10%

13.5%

20%

財産税

0%

0%

2.2%

土地税

0%

0%

1.5%

保険料

7.6%

14%

30%

先行社会経済発展区においては自社の保税地域の創設及び無税地域手続きの適用が可能です。つまり、先行発展区の入居者は、生産に不可欠な素材・原料・その他の商品の同区への搬入時、関税等が免税となります。

  • 行政負担軽減

先行発展区の入居者のためには行政負担軽減策も用意されています。その例は定期検査期間の15営業日への短縮(特別な場合、同期間の延長は最大10日間に限られています)や簡素化された公共ネットワークへの接続手続きです。

外国人労働者の先行発展区への誘致については、入居者の雇用主は当該就労許可が不要で、招聘状及び就労許可は発行枠が適用されません。

  • ワンストップ制度

先行発展区の枠内においては多数の当局へ問い合わせ問題が完全に解決されています。そのためには、国家・自治体サービスをワンストップで提供する多機能型拠点の役割も果す運営会社の設立が盛り込まれています。そこで、全ての行政的かつ事業的課題は先行社会経済発展区においてただ一つの組織経由で解決されていきます。

この全ての措置は各プロジェクトの投資回収期間の短縮及び製品原価の低減につながります。