自動車技術工業団地

「SOLLERS 極東」会社は2009年にウラジオストクで登場しました。その自動車工場の現在の生産能力は年間35000車両です。

Medium dv 1

SOLLERS極東社は、沿海州地域で最初の自動車工場が2009年12月29日に開始しました。 4ヶ月間において生産棟再建の第一段階を完了し、2009年12月29日に双龍自動車の生産を開始しました。

現在その現場には「ソレルス極東」、「マツダ・ソレルス」、および「ソレルス・三井物産」の3つの生産企業が入っており 、双龍、マツダ、トヨタ車の3つのブランドが生産します。港で部品納入とコンテナ配置から完成品の鉄道出荷まですべての物流業務は現場で行われます。

自動車組立工場のプロジェクトの実施できるために、既存生産棟の全面再建にロシア開発対外経済銀行から18億ルーブル融資を受けました。

2009年11月18日に「ソレルス極東」の現場で、制作スタッフのトレーニングを開始した工場教育センターが開設されました。同時に生産棟再構築工事、設備設置と試運転工事が行われました。

2009年12月29日にロシアのプーチン当時首相が参加した自動車工場の開会式が行われました 。組立ラインを降りてきた最初の自動車は、SUVのUAZパトリオットになり、その買い手がイタリアのベルルスコーニ首相になりました。組立工場はSUVの双龍KYRONの大量生産が続けました。

4月12日に「ソレルス極東」はSUVの双龍Actyonの新モデルを生産開始しました。

2010年4月26日に「ソレルス極東」の工場では、スポーツピックアップ版の双龍「アクティオンスポーツ」という韓国SUVの新モデルを生産開始しました。新生産開始は、ヴィクトルフリステンコ産業貿易大臣、セルゲイダリキン沿海州地域知事とヴァディムシベツォーフ「ソレルス」社長が出席しました。

6月には、SUVレクストンIIの生産を開始しました。

2010年にわたって工場の高部の再構築工事が行われました。そして、2011年1月に、モノコック構造の自動車の新組立ラインはグランドオープンされました。本ラインは既存のSUV Actyonを交換する新車モデルの双龍新Actyonの生産のために特別に設計されました。

2012年は新製品がたくさんありました。「ソレルス極東」社は2012年頭に、SUV双龍KYRONのセット仕様を拡大しました。 3月に、ガソリンエンジン付きの最初の双龍Actyonを組み立てました。 4月に更新のピックアップActyonスポーツを生産開始しました。三個目は更新型の双龍レクストンWになりました。その量産は2012年6月にスタートしました。そして10月には、大歓迎のクロスオーバーActyonのガソリン+自動変速機型が組み立てました。

2012年の主要なイベントの一つとは、マツダとソレルスの共同新製造立ち上げになりました。生産ラインの発足は、9月6日にプーチン大統領の出席で開催されました。

マツダ株式会社(日本)とJSC「ソレルス」の株主契約は、2012年4月27日に署名されました。合弁会社は、授権株式資本(50/50)の平等原則に編成されています。

2012年10月8日には、クロスオーバーマツダCX-5の量産を開始しました。そして2013年4月12日に、最大の安全性と低燃費を保証できるSKYACTIV技術を実現したフラッグシップモデルのセダンマツダ6は生産開始しました。その自動車はマツダの「魂動デザイン」で設計されました。イベントは、沿海地域知事のウラジミールミクルシェフスキー氏とウラジオストク市役所所長のイゴールプシュカレフ氏が出席しました。

2012年の間に、日本企業三井物産とのプロジェクトによる新しい生産工場で建設設置工事が行われました。

三井物産(日本)とJSC「ソレルス」は50/50パートナーシップの原則に基づいた合弁会社を設立しました。 2012年4月10日トヨタ自動車株式会社、三井物産株式会社、JSC「ソレルス」と「ソレルス物産」の間に基本合意が署名されました。

2013年1月25日に第一副首相イーゴリシュバーロフ氏の出席でトヨタランドクルーザープラド自動車の生産を開始しました。 2013年2月18日、その人気のSUVの量産を開始しました。

出典:沿海州の投資ポータル